憶えておきたい申込みの必要書類

消費者金融へのキャッシングの申込み時には、まず身分証明書が必要になります。これには運転免許証やパスポート、健康保険証などが利用できます。

顔写真の付いた運転免許証やパスポートなどはどの場合でも有効ですが、WEB完結方式などのネットだけで契約を行う特殊な申込みの場合、顔写真のない身分証明書では契約を行えないことがあるので注意してください。

そして、希望金額が50万円を超える場合と、既に他社から借入れを行っている分と今回の希望金額を合わせて100万円を超える場合には、収入証明書の提出も必要です。これは貸金業法で決められている為で、これには源泉徴収票や課税証明書、収入証明書、住民税の決定通知書などの年収が記載された書類が必要になります。

銀行の場合は貸金業法が適用されないこともあり、希望金額が50万円を超えてもすぐに収入証明書が必要になることはありません。どの金額から必要になるかは銀行によって独自に規定を設けており、特に一定の金額というものはありません。

また、会社員や公務員、アルバイトなどの給与所得者ではない自営業者やフリーランスの場合、希望金額に関わらず、申込み時に収入証明書の提出が必要になることがあります。銀行の場合は少額の場合には必要にならないことも多いですが、消費者金融では必ず提出を求められます。

審査自体は消費者金融の方が銀行より比較的通過しやすいと言えますが、申込みの際に必要になる書類は消費者金融の方が規定が厳しいと考えておいてください。

いろいろな機能が搭載!アプリを活用

消費者金融はほとんどの業者が即日融資に対応していて自動契約機で申し込めばその場でカードが発行してもらえます。またインターネットでも申し込みが可能となっていて、最近では大手消費者金融各社がスマートフォンで公式アプリでのサービスを行っています。しかし、数ある公式アプリの中でもいろいろなサービスを提供しているアコムはオススメです。アコム以外の消費者金融も必要書類の提出はアップロード機能が付いていて出来ますが、アコムはそれ以外のサービスもスマートフォンの公式アプリで利用出来てしまいます。

まず、アコムの公式アプリではサービスの説明などを動画で視聴して聞く事が出来ます。普通は説明が書かれていて読んで理解するという形なのですが、読んだだけでは分からない事が多いので戸惑ってしまう事があります。そこで動画で視聴して説明を聞く事が出来ればスタッフの方に説明してもらっているような感覚になってより分かりやすいです。特に初めての利用の方にとっては、動画で視聴して説明を聞けるというのは大きなメリットではないでしょうか。

アコムのスマートフォンの公式アプリがGPS機能が搭載されているので現在地から近いATMを検索する事が出来ます。そのため急にお金が必要になって時とかはアプリを利用して現在地から近いATMを検索する事が出来るのですごく便利です。

キャッシングの返済方法

キャッシングは小口融資のことで消費者金融などに申し込んでATMやキャッシュディスペンサーから現金を借り入れるということです。銀行のキャッシュカードから預金を引き出すのとほぼ同じ方法となりますので、操作は誰でもできる簡単なものです。消費者金融の場合は申し込みをしたその日からキャッシングが可能というサービスがあります。店頭窓口や自動契約機など、色んな借り方があるので使いやすいものを選ぶことができます。

リボ払いとはリボルビング、日本語でぐるぐる回るという意味です。クレジットの上限額の中から月の支払金額を決めて契約してその範囲内であれば、商品やサービスを売買してもよいという支払い方式です。分割払いとよく似ていますが購入合計に関わらず、毎月の支払額が一定のため借り過ぎになりやすいので注意が必要です。

リボ払いの仕組みは、毎月あらかじめ指定した金額をクレジット会社に支払う方法です。例えば毎月1万円の返済で支払っていくと決めておけば5万円の買い物をしても毎月の支払額は一万円で済みます。

残高に応じて大手の場合大体15%前後の利息がかかり、毎月の支払額と同時に支払います。支払いが管理しやすく使い方によっては便利なサービスですが、支払い期間が長期化する恐れがあり、支払いも定額ですのでいつまでも借金が終わらないという場合があります。銀行の普通預金金利に比べると高い金利です。そのためお金がないけどリボ払いで買うという考えの人には向きません。

差別化された無利息サービス

消費者金融会社の無利息サービスが大人気です。特に、新規顧客の獲得にはうってつけのサービスとなっているようです。当たり前ですが、負担金利は安いにこしたことはありませんので、利用者にとってはありがたいサービスです。銀行カードローンにマーケットを荒らされつ続けている消費者金融会社としては久々のヒットというところです。

この無利息サービスですが、当初は各社からほぼ同じようなサービスが提供されていましたが、最近では徐々に差別化されたサービスも登場するようになっています。まず、先陣を切ったのがプロミスです。プロミスは元々は独立系の大手消費者金融会社でしたが、貸金業法改正で経営難に陥り現在は三井住友銀行グループの子会社です。大手都市銀行のバックアップを得て経営難を解消し以前の勢いを取り戻しつつあるところです。

プロミスは、実は無利息サービスの提供については遅れていたのですが、他社の状況を見ながらの参入となり差別化したサービスを出してきました。大手だからこそできる戦略です。通常の無利息サービスというと、初めての方限定で契約日から30日間無利息というタイプがほとんどでした。契約日というのがみそで借入日からではありません。プロミスの無利息サービスはここに手を加え、借入日から30日間としました。つまり、初めて利用して25日間で完済した場合には、次回利用の際に5日間の無利息サービスが付きます。小さな差別化かもしれませんが、同じ利用するなら利用者はこちらを選択するでしょう。

全体から考える返済計画の作り方

多くの人がキャッシングの返済計画について悩んでいます。キャッシングを返すにはコツがあります。まずはじめに考えることは、負債全体の把握をして、返済計画を立てることです。キャッシングの他に車のローン、住宅のローン、学費のローンなど多くのローンがあります。それらすべてを合計して全体を出してください。

次に何年間後に返済をしたいのかを決めます。すると、年間返済額が決まり、月の返済額が決まります。

仮に簡単に計算する為に利息を除いて説明すると、あなたのキャッシングとローンの合計が300万円だったとします。これを3年後に返済すると考えると、1年間に100万円返済する計算になります。1年は12ヶ月なので、100万円を12で割って83,333円月々に返済すれば3年後に返済可能だと計算できます。いつ返済が終わるのかわからないで返済をすることは辛いことです。しかし、返済が完了する時期が明確ならば、返済することが多少は楽になります。

また、早く返済をしたいからといって、無理な返済計画を立ててはなりません。上述のように、3年で返済したいからといって毎月83,333円返済することは多くの人にとって困難です。したがって、6年に延長することを考えます。300万円÷6年から、1年あたり50万円となります。50万円÷12ヶ月から、1か月あたり41,666円の返済となります。このように、返済の期間と自分の経済状況を考えて返済プランを考えましょう。

お金に困ったらキャッシング即日でその日に解決!

お金のストレスを感じた経験はありませんか?裕福な家に生まれ全く何不自由なく生活してきたという人もいるかもしれませんが多くの人は何らかのお金ストレスを感じたことがあるはずです。そんなお金のストレスを解消するキッカケとなってくれるのがキャッシング即日です。

「キャッシングの話はちょっと」と借金を嫌う人もいますが、使い方によっては大変便利なサービスです。内容をしっかり理解したうえで利用すれば決して悪いものではありません。お金に困ってストレスを溜めているならキャッシング即日の利用を一度考えてみませんか?

そもそもキャッシング即日を利用する時って、どんな時でしょうか?ほしいものがあったときですか?冠婚葬祭や病気で急な出費があったときですか?キャッシング即日を利用する理由はいろいろありますが、利用者の多くは生活費が足りなくて利用することが多いです。お給料日までの3日間、どうやって過ごそうなんて悩んだことはありませんか?そんな時でも、申し込んだその日にすぐに借りることが出来るキャッシング即日はとても便利ですよね。

でも、キャッシングを利用すると、返済するときに利息がついてきます。利息がつくのは仕方がないけど、できるなら払いたくないとは思いませんか?この利息、まったく払わなくてもキャッシングが利用できてしまうサービスがあるんです。それが「無利息キャッシング」です。

多くの消費者金融会社では、一定期間の間に返済すると利息がつかない「無利息キャッシング」のサービスを行っています。初めて利用する人限定のサービスだったりしますが、お給料日までの数日を過ごすための数万円、のような小額のキャッシングの場合、とてもお得なサービスです。

大手消費者金融会社では、30日間の間に返済すれば利息がつかない無利息キャンペーンを行っています。30日間であれば、お給料が出れば、すぐに返済することができます。初めてキャッシングを利用しようと思っているなら、絶対利用したいサービスです。