憶えておきたい申込みの必要書類

消費者金融へのキャッシングの申込み時には、まず身分証明書が必要になります。これには運転免許証やパスポート、健康保険証などが利用できます。

顔写真の付いた運転免許証やパスポートなどはどの場合でも有効ですが、WEB完結方式などのネットだけで契約を行う特殊な申込みの場合、顔写真のない身分証明書では契約を行えないことがあるので注意してください。

そして、希望金額が50万円を超える場合と、既に他社から借入れを行っている分と今回の希望金額を合わせて100万円を超える場合には、収入証明書の提出も必要です。これは貸金業法で決められている為で、これには源泉徴収票や課税証明書、収入証明書、住民税の決定通知書などの年収が記載された書類が必要になります。

銀行の場合は貸金業法が適用されないこともあり、希望金額が50万円を超えてもすぐに収入証明書が必要になることはありません。どの金額から必要になるかは銀行によって独自に規定を設けており、特に一定の金額というものはありません。

また、会社員や公務員、アルバイトなどの給与所得者ではない自営業者やフリーランスの場合、希望金額に関わらず、申込み時に収入証明書の提出が必要になることがあります。銀行の場合は少額の場合には必要にならないことも多いですが、消費者金融では必ず提出を求められます。

審査自体は消費者金融の方が銀行より比較的通過しやすいと言えますが、申込みの際に必要になる書類は消費者金融の方が規定が厳しいと考えておいてください。