キャッシングの返済方法

キャッシングは小口融資のことで消費者金融などに申し込んでATMやキャッシュディスペンサーから現金を借り入れるということです。銀行のキャッシュカードから預金を引き出すのとほぼ同じ方法となりますので、操作は誰でもできる簡単なものです。消費者金融の場合は申し込みをしたその日からキャッシングが可能というサービスがあります。店頭窓口や自動契約機など、色んな借り方があるので使いやすいものを選ぶことができます。

リボ払いとはリボルビング、日本語でぐるぐる回るという意味です。クレジットの上限額の中から月の支払金額を決めて契約してその範囲内であれば、商品やサービスを売買してもよいという支払い方式です。分割払いとよく似ていますが購入合計に関わらず、毎月の支払額が一定のため借り過ぎになりやすいので注意が必要です。

リボ払いの仕組みは、毎月あらかじめ指定した金額をクレジット会社に支払う方法です。例えば毎月1万円の返済で支払っていくと決めておけば5万円の買い物をしても毎月の支払額は一万円で済みます。

残高に応じて大手の場合大体15%前後の利息がかかり、毎月の支払額と同時に支払います。支払いが管理しやすく使い方によっては便利なサービスですが、支払い期間が長期化する恐れがあり、支払いも定額ですのでいつまでも借金が終わらないという場合があります。銀行の普通預金金利に比べると高い金利です。そのためお金がないけどリボ払いで買うという考えの人には向きません。