差別化された無利息サービス

消費者金融会社の無利息サービスが大人気です。特に、新規顧客の獲得にはうってつけのサービスとなっているようです。当たり前ですが、負担金利は安いにこしたことはありませんので、利用者にとってはありがたいサービスです。銀行カードローンにマーケットを荒らされつ続けている消費者金融会社としては久々のヒットというところです。

この無利息サービスですが、当初は各社からほぼ同じようなサービスが提供されていましたが、最近では徐々に差別化されたサービスも登場するようになっています。まず、先陣を切ったのがプロミスです。プロミスは元々は独立系の大手消費者金融会社でしたが、貸金業法改正で経営難に陥り現在は三井住友銀行グループの子会社です。大手都市銀行のバックアップを得て経営難を解消し以前の勢いを取り戻しつつあるところです。

プロミスは、実は無利息サービスの提供については遅れていたのですが、他社の状況を見ながらの参入となり差別化したサービスを出してきました。大手だからこそできる戦略です。通常の無利息サービスというと、初めての方限定で契約日から30日間無利息というタイプがほとんどでした。契約日というのがみそで借入日からではありません。プロミスの無利息サービスはここに手を加え、借入日から30日間としました。つまり、初めて利用して25日間で完済した場合には、次回利用の際に5日間の無利息サービスが付きます。小さな差別化かもしれませんが、同じ利用するなら利用者はこちらを選択するでしょう。