いろいろな機能が搭載!アプリを活用

消費者金融はほとんどの業者が即日融資に対応していて自動契約機で申し込めばその場でカードが発行してもらえます。またインターネットでも申し込みが可能となっていて、最近では大手消費者金融各社がスマートフォンで公式アプリでのサービスを行っています。しかし、数ある公式アプリの中でもいろいろなサービスを提供しているアコムはオススメです。アコム以外の消費者金融も必要書類の提出はアップロード機能が付いていて出来ますが、アコムはそれ以外のサービスもスマートフォンの公式アプリで利用出来てしまいます。

まず、アコムの公式アプリではサービスの説明などを動画で視聴して聞く事が出来ます。普通は説明が書かれていて読んで理解するという形なのですが、読んだだけでは分からない事が多いので戸惑ってしまう事があります。そこで動画で視聴して説明を聞く事が出来ればスタッフの方に説明してもらっているような感覚になってより分かりやすいです。特に初めての利用の方にとっては、動画で視聴して説明を聞けるというのは大きなメリットではないでしょうか。

アコムのスマートフォンの公式アプリがGPS機能が搭載されているので現在地から近いATMを検索する事が出来ます。そのため急にお金が必要になって時とかはアプリを利用して現在地から近いATMを検索する事が出来るのですごく便利です。

キャッシングの返済方法

キャッシングは小口融資のことで消費者金融などに申し込んでATMやキャッシュディスペンサーから現金を借り入れるということです。銀行のキャッシュカードから預金を引き出すのとほぼ同じ方法となりますので、操作は誰でもできる簡単なものです。消費者金融の場合は申し込みをしたその日からキャッシングが可能というサービスがあります。店頭窓口や自動契約機など、色んな借り方があるので使いやすいものを選ぶことができます。

リボ払いとはリボルビング、日本語でぐるぐる回るという意味です。クレジットの上限額の中から月の支払金額を決めて契約してその範囲内であれば、商品やサービスを売買してもよいという支払い方式です。分割払いとよく似ていますが購入合計に関わらず、毎月の支払額が一定のため借り過ぎになりやすいので注意が必要です。

リボ払いの仕組みは、毎月あらかじめ指定した金額をクレジット会社に支払う方法です。例えば毎月1万円の返済で支払っていくと決めておけば5万円の買い物をしても毎月の支払額は一万円で済みます。

残高に応じて大手の場合大体15%前後の利息がかかり、毎月の支払額と同時に支払います。支払いが管理しやすく使い方によっては便利なサービスですが、支払い期間が長期化する恐れがあり、支払いも定額ですのでいつまでも借金が終わらないという場合があります。銀行の普通預金金利に比べると高い金利です。そのためお金がないけどリボ払いで買うという考えの人には向きません。

差別化された無利息サービス

消費者金融会社の無利息サービスが大人気です。特に、新規顧客の獲得にはうってつけのサービスとなっているようです。当たり前ですが、負担金利は安いにこしたことはありませんので、利用者にとってはありがたいサービスです。銀行カードローンにマーケットを荒らされつ続けている消費者金融会社としては久々のヒットというところです。

この無利息サービスですが、当初は各社からほぼ同じようなサービスが提供されていましたが、最近では徐々に差別化されたサービスも登場するようになっています。まず、先陣を切ったのがプロミスです。プロミスは元々は独立系の大手消費者金融会社でしたが、貸金業法改正で経営難に陥り現在は三井住友銀行グループの子会社です。大手都市銀行のバックアップを得て経営難を解消し以前の勢いを取り戻しつつあるところです。

プロミスは、実は無利息サービスの提供については遅れていたのですが、他社の状況を見ながらの参入となり差別化したサービスを出してきました。大手だからこそできる戦略です。通常の無利息サービスというと、初めての方限定で契約日から30日間無利息というタイプがほとんどでした。契約日というのがみそで借入日からではありません。プロミスの無利息サービスはここに手を加え、借入日から30日間としました。つまり、初めて利用して25日間で完済した場合には、次回利用の際に5日間の無利息サービスが付きます。小さな差別化かもしれませんが、同じ利用するなら利用者はこちらを選択するでしょう。